HOMEメニュー >スーツ服地の研究(ドーメル アマデウス365,秋冬向け仕立て)

スーツ服地の研究(ドーメル アマデウス365,秋冬向け仕立て)


 
□合冬用の撥水加工の服地
このところ,撥水加工を施した服地(生地)でスーツを作っている。冬物服地としてドーメル アマデウス,夏物服地としてドーメル トロピカルアマデウスで,それぞれスーツを作ってきた。これらは,いつも利用しているテーラーの銀座山形屋が別注した服地で,通常のものには撥水加工はされていない。
 
冬物と夏物があるので,今回はその空きを埋める,撥水加工を施した合物(あいもの)の服地で,スーツを作ることにした。服地には夏物と冬物の間に,合物がある。両者の中間で春秋物になるが,春秋から冬(真冬は除く)をカバーする服地を合冬(あいふゆ)物,春秋から夏(真夏は除く)をカバーする服地を合夏(あいなつ)物という。私の希望は,合冬物になる。
 
フランスの服地商社(マーチャント)のドーメルには,独特の艶が特徴のアマデウスシリーズのラインナップとして,1mあたり310gの冬向きのアマデウス,260gで通年向きのアマデウス365,240gでシルクを10%混紡して艶感を増した夏向きのサマーアマデウス,240gで平織りのウーステッドで夏向きのトロピカルアマデウス,がある。
 
銀座山形屋で相談したら,銀座山形屋が別注で撥水加工を施したドーメルのアマデウス365があるということで,バンチ(服地見本)を見せてもらった。その中で,幅の広いシャドーストライプの紺色が気に入ったので,今回はそれで作ることにした。
 
なお,撥水加工がなくても,もともとウールの繊維には適度な脂分があって,天然の撥水性がある。だから,特に服地が新しいうちは水を弾く。しかし撥水加工はそれを超えるもので,水がかかると蓮の葉のようにコロンコロンと水を弾く。また水だけでなく,汚れも付きにくいメリットもある。ただし,撥水加工の有無にかかわらず,液体や汚れがついたら,すぐにその場で濡らしたタオルで拭き取るべきである。
 

 
□アマデウス365
アマデウス365は,365が365日を意味するように通年用の服地として,アマデウスと同じ原料を使用しており,横糸を細くすることで軽量化をはかっている。アマデウスと見比べてみると,艶や質感は同じで,触ってみるとわずかに軽い。これを使い,合冬物として裏地を全面に張った総裏とし,ベスト付きのスリーピースとした。
 
できあがったスーツを試着してみた。最近はチンツ加工やカレンダー加工などで艶出ししたスーツが流行だが,アマデウス365には深みのある艶がある。色柄もシーズンレスなので,確かに幅広く季節をカバーすると感じた。
 

 
□私の冬服対策
今回は冬物や合物について触れたので,併せて,私の冬服対策について書く。秋から冬にかけて少しずつ寒くなっていく時期は,いきなり冬服に移行すると,蒸し暑く感じて上着を脱ぐことになる。そのためスーツの場合,季節の変わり具合や天気予報をもとに,次のように組合せを少しずつ変えて対応するようにしている。
 
(1)合冬物のツーピース
   ↓
(2)合冬物のスリーピース
   ↓
(3)合冬物のスリーピース+保温肌着(ヒートテックなど)または冬物のスリーピース
   ↓
(4)冬物のスリーピース+保温肌着+コート
 
身軽に動ける服装が好きであり,あまり上に何枚も羽織りたくない気性もあって,ベストや保温肌着で調節するようにしている。話はそれるが,保温肌着も発熱素材だと暑すぎて汗ばむことがあるので,発熱せずに保温性の高いものも揃えるようにしている。
 
それはともかく,冬から春に向かうときは,この逆に組合せを変えている。アマデウス365は通年用として,上の(1)〜(3)をカバーするものといえる。
 

 
メニューに戻る