HOMEメニュー >スーツ服地の研究(ミノヴァ)

スーツ服地の研究(ミノヴァ)


 
今回はビジネススーツではなく礼服のモーニングなので,スーツの服地(生地)は使うものの,番外編の扱いになる。
 
昼間(18時まで)の礼服として,正礼装としてモーニングがあり,準礼装としてディレクターズスーツがある。
 
モーニングは,背中側の裾が長い黒のシングルのモーニングコート(上着),コールパンツ(黒とグレ−の縞柄の折り返し無しのパンツ),黒かグレーのウェストコート(ベスト,ジレともいう)で構成される。
 
ウェストコートは,慶事ではグレー,弔事ではブラックとする説もある。しかし,男性全員がモーニングを着用する最もフォーマルな機会として,内閣組閣時の首相官邸内の階段での記念撮影がある。その記念撮影の写真をいろいろと見てみたが,ブラックのウェストコート(またネクタイは,遠目でシルバー無地に見えるもの)が多い。
 
なお,モーニング着用の際は,ウィングカラーでダブルカフス(袖が折り返しになっていてカフリンクスで留める形式)の白無地シャツ,黒とグレーの縞模様のネクタイ,サスペンダー(ブレイシーズともいう),黒のストレートチップの革靴,黒か黒とグレーの縞柄のソックス,胸ポケットには白いチーフ,を組み合わせて,白い手袋を持つ。
 
ディレクターズスーツは,前と背中側の裾が同じ長さの黒の上着(シングルまたはダブル),コールパンツ,黒かグレーのウェストコート,で構成される。結婚式に招かれる側でモーニングを着ていってもマナー上はおかしくないが,モーニングを着ていくと新郎新婦の父と間違われることがある。その配慮から結婚式に招かれる者として,ディレクターズスーツが最もフォーマルな服装になると思っている。
 

 
今回は,このモーニングをオーダーすることにした。行きつけのテーラーである銀座山形屋で聞いたら,ビジネススーツより少し高いくらいでオーダーできることがわかった。また,モーニングに合わせる礼装用のネクタイやカフスなども,カタログで注文できるようになっていた。そのためネクタイと手袋は,カタログで注文した。
 
最初に,上着とウェストコート用の黒無地の服地見本を,いろいろと見せてもらった。その中で,英国MINOVA(ミノヴァ,ミノバ)社のものが一目で気に入り,それに決めた。同じ黒でも色艶が違い,鮮やかなのである。コールパンツ用の服地はオーソドックスなものを選んだ。なお,これ以降はMINOVA社をミノヴァと表記する。
 
ミノヴァは英国の、ヨークシャー地方のミル(工場)であり,日本の御幸毛織が設立している。そのため御幸毛織が製糸して,ミノヴァで織った服地もある。ミノヴァの服地見本を一部見ただけの範囲内で述べることになるが,全般的に質実剛健の英国服地の特徴があるが,ものによっては日本人好みの艶やかなものもあるようだ。
 
仕事でのシャツは,綿100%の肌ざわり重視のものと,綿とポリエステル混紡の機能性重視のものを使い分けている。今回のウィングカラーのシャツは,着ている途中で皺がよらないよう,綿とポリエステル混紡のもので,ミノヴァの黒無地に合うものを選んだ。
 

 
できあがったモーニングを着てみた。いつものビジネススーツと同じく,体のラインにそったシルエットになっており,シャツの袖がほどよく出る。そしてミノヴァの服地は,遠目でも艶やかが伝わってくる。閣僚になることもなく,迎賓館や皇居での昼間の行事とも無縁の身分としては,これを着る機会が限られるのが残念なところである。
 

 
ウェストコートだが,白い襟のようなものが付いている。裏を返すと,白い布地がボタンで留めてある。昔から政治家のスーツも手がけてきたテーラーが作るものなので,これが正式なのだろう。
 
この記事を読まれている人の中には,モーニングのオーダーを調べておられる人もいると思われるので,一通り説明させていただく。銀座山形屋のWebサイトを見ると,礼服としてディレクターズスーツとタキシードが紹介されているが,このようにモーニングもオーダーでき,小物もカタログで注文できる。
 
納期は工場の繁忙状況にもよるが,余裕をもたせて1か月みておけば良いだろう。価格は服地によって異なるが,10万円台の中頃から後半が目安になるだろう。これにウィングカラーのパターンオーダーシャツで1万円,ネクタイで5000円と加えていっても,ストレートチップの革靴を除けば20万円までで収まるはずである。
 

 
 

 
メニューに戻る