HOMEメニュー >スーツ服地の研究(スキャバル マジェスティック2)

スーツ服地の研究(スキャバル マジェスティック2)


 
□国産の服地も良いが
今年の秋冬物のスーツを作ろうと,8月下旬に,行きつけの銀座山形屋に行った。
 
事前に同店のWebサイトを見ていたら,「長大株式会社との共同開発,銀座山形屋でのみ取り扱いする【国産最高峰の究極ファブリック:Super140’s リンクルケア】」という服地(生地)が紹介されており,興味を持った。
 
この服地は,店頭で確認したら1メートルあたり350g前後と,秋冬物の服地として標準的な範囲にある。Super140’という通常より細い原毛を高密度で織り上げたものであるためしなやかであり,仕上げの手間もかかっていて艶がある。また昔ながらのションヘル織機でゆっくりと織り上げられたので,ふっくらとした風合いになっている。そして,リンクルケア(防シワ加工)が施されている。
 
今回はこの服地の中から選ぼうかと当初は思っていたが,店の中にあるスキャバル社のマジェスティックのコレクションを見たら気に入ったものがあり,いろいろと迷ったあげく,今回はスキャバルの服地でオーダーすることにした。
 
長大株式会社は日本の有名織物会社であり,品質の高さは定評がある。色柄は大多数の日本人にとって,高級感があってなおかつ受け入れやすいものとなっている。私のような国産服地の色柄が性に合わない者でなければ,【国産最高峰の究極ファブリック:Super140’s リンクルケア】が,大多数の日本人向けとして最高の国産服地となることは分かる。
 
スキャバルのマジェスティックだが,これまでにスーツを作ったことがある。マジェスティックのコレクションには,秋冬物のほかに軽い春夏物もある。もちろんこれは1mあたり320gの秋冬物である。シングルのスリーピースでオーダーした。
 
□スキャバル(scabal)とは
スキャバルは,ドーメルとともに,スーツ服地のマーチャント(商社)で,自社で企画した服地を,提携している紡績工場に製造委託して,自社ブランドの服地として販売している。取扱量の多い大手であるが,安価ではなく高級服地の位置付けである。
 
スキャバル社の日本語サイト(www.scabal.com/jp/)の資料によれば,スキャバルの創業は1938年で,ベルギーのブリュッセルに本社がある。約15種類の新作コレクションを年2回発表しており,5000種類におよぶ服地(生地)を取り揃えている。
 

 
□マジェスティックの特徴
マジェスティックは,スキャバル社の創業75周年を記念して作られたコレクションで,その後も新コレクションを展開して販売されている。人気が高かった色柄を現代の高級服地の品質で復刻したものや,最近のトレンドを反映した色柄のものがある。
 

 
□作ってみて
オーダーでのスタイルは従来と同じで,英国スタイル(銀座山形屋ではニューブリティッシュモデルとよぶ)とした。ロープドショルダーで肩にはりをもたせ,ウエストを絞ってイングリッシュドレープとよばれるゆらゆらした感じがある。Vゾーンは長めで,その下は大きなラウンドを描くカッタウェイフロントが特徴である。
 
ミル(工場)が独自に企画したデザインの服地というと,昔ながらのオーソドックスな色柄や,それを現代的にリファインしたものをよく目にする。これに対して,マーチャントの服地の色柄は,斬新さがあるものをよく目にする。どちらを選ぶかは個人の好き好きであるが,スキャバルのマジェスティックには,変な表現だが,モダンで風格のある服地を目にする。それが向いている人間だと,バンチ(服地見本)を見ただけで,こんな柄ほかにない,今回はこれにしよう,となってしまうのである。
 

 

 
メニューに戻る