HOMEメニュー >クールビズに思う2006

クールビズに思う2006

クールビズについて,思うところを書いてきた。夏場は暑くて作業効率が低下しがちだが,ベストコンディションで仕事に取り組めることで,ベストな結果が出せる。その点から,今年はビジネスの場で,涼しく仕事できるようにするための提案を書いてみたい。
 
■靴
夏向けにメッシュの革靴もあるが,靴裏で換気する靴が登場している。歩いた時にかかる圧力で,靴の中の空気を排気したり戻るときに吸気する原理である。こういう機構を究めた靴を,クールビズ推薦商品とするのもいい。
 
■帽子
カジュアル用だが,水に浸してから,軽く絞ってかぶる帽子がある。気化熱で涼しいという原理である。これのビジネス用はできないだろうか。気化熱効果はそう長くももたないだろうが,ビルからビルへの移動であれば,1〜2時間持てば十分である。帽子は直射日光を遮る効果もあるので,その点からも着用が進むはずである。
 
■腕時計
メタルバンドの腕時計として,ステンレス,チタン,アルミニウム素材のものを持っている。夏場は断然アルミニウムである。ひんやりした感触が続き,腕にあせもができにくい。ただしアルミニウム素材のはスオッチであり,そのデザインは人により好き嫌いが分かれるだろう。国産メーカーがアルミニウム素材で,夏向けのコレクションを競い合えば,クールビズの経済効果はアパレルだけにとどまらないはずである。
 
クールビズは,単にネクタイなしや上着なしの着こなしではなく,体中から暑さを感じるところをなくすよう,トータルにプロデュースして初めて実現するものだと思っている。
 
 
 

 
メニューに戻る