HOMEメニュー >ウォームビズに思う2009

ウォームビズに思う2009

 
チャレンジ25宣言 個人チャレンジャー リンクバナー
 
□ウォームビズとは
暖房に頼りすぎず,冬のオフィスを暖かく,快適に過ごすビジネススタイルで,暖房時のオフィスの室温を20℃に設定することが目安となっている。ウォームビズを提案する政府系サイトとして,以前はチーム・マイナス6%サイトがあった。しかし現在では,そのサイトのコンテンツは残っているが,トップページではチャレンジ25キャンペーンのサイトへの誘導が入っている。
(参考:チャレンジ25キャンペーン
 
同サイトでは,「『チャレンジ25キャンペーン』は、これまでの地球温暖化防止のための国民運動『チーム・マイナス6%』から、よりCO2削減に向けた運動へと生まれ変わり展開するものであり、オフィスや家庭などにおいて実践できるCO2削減に向けた具体的な行動を『6つのチャレンジ』として提案し、その行動の実践を広く国民の皆様によびかけて参ります。」とある。つまり,日本の温室効果ガス排出量を1990年比で,6%削減する目標のキャンペーンから,25%削減する目標のキャンペーンに発展したということである。
 
私が考える暖かく過ごす方法について,「ウォームビズに思う」(2005年版)と「ウォームビズに思う2007」(2007年版)の2回にわたって書いてきたが,今回は別のことを書いていく。
 
□肌の手入れ用クリーム
私は朝,風呂場でシャワーを浴びて,ひげを剃る。朝の洗面所は,家族で混み合うので,それを避ける意図もある。ひげ剃り後は,アフターシェーブ用のクリームやローションで手入れする。しかし厳冬期だけは,ひげ剃り後にオロナインH軟膏を薄く塗るようにしている。塗った後は,ひげ剃り後の肌荒れがおさまるだけでなく,肌の血行が良くなって顔に薄い防護膜ができたような感触が生じて,寒さを感じにくくなるからである。
 
オロナインH軟膏は,殺菌消毒効果に優れたクリームであるが,血行を良くする効果もあるようで,説明書ではひびやしもやけへの効能もうたっている。ハンドクリームで,コエンザイムQ10入りをうたったものもある。しかし,肌の血行を良くして寒さを感じさせにくくするクリームは,ウォームビズにも役立つ。オロナインH軟膏以外にもあるのかもしれないが,それを宣伝で効能を消費者に訴求して欲しい。(2009.11執筆)
 
 

 
メニューに戻る