ITパスポート(あいパス)試験情報 > マネジメント系−プロジェクトマネジメント−プロジェクトマネジメント
 

マネジメント系−プロジェクトマネジメント−プロジェクトマネジメント

Index

出題の考え方(出題範囲より)

  1. 出題の考え方(出題範囲より)

プロジェクトマネジメント

  1. 問1(サンプル問題)

出題の考え方(出題範囲より)

 プロジェクトマネジメントの意義,目的,考え方,プロセス,手法を問う。

プロジェクトマネジメント

 
問1(シラバスサンプル問題30)
 次のアローダイアグラムで作業Bを3日,作業Cを1日短縮した場合,全体の所要日数は何日短縮できるか。
 
  シラバスサンプル問題29
 
ア 1   イ 2   ウ 3   エ 4
 
短縮前のクリティカルパスはB→Dで,所要日数は9日です。作業Bを3日,作業Cを1日短縮した場合のクリティカルパスはA→Cで,所要日数は7日になりますから,9−7=2日短縮できます。
 
問2(シラバスサンプル問題31)
 プロジェクト計画書に記述するものはどれか。
 
ア 画面レイアウト イ 業務フロー
ウ スケジュール エ プログラム構造
 
プロジェクト計画書には,プロジェクトの内容やスケジュールや人員などを記述します。
 
問3(手引きサンプル問題9)
 あるソフトウェア開発の仕事をAさんが1人で作業すれば24日,Bさんが1人で作業をすれば12日かかる。2人で作業を行う場合には,1日の全作業時間の25%が打合せに必要となる。2人で作業をした場合,開発を完了するのに何日かかるか。
 
ア 6   イ 8   ウ 11   エ 12
 
Aさんの1日の作業量は24分の1,Bさんの1日の作業量は12分の1です。二人合わせると24分の3ですが,打合せで25%使うので,1日の作業量は24分の3の75%で,32分の3です。11日あれば,作業量の32分の33が行えて開発を完了できるので,11日かかります。
 

出典
 「出題の考え方(出題範囲より)」とは,「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に記載されている文章です。
 手引きサンプル問題とは,「ITパスポート試験の手引き」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に収録されているサンプル問題です。解説は,オリジナルです。
 シラバスサンプル問題とは,「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に収録されているサンプル問題です。解説は,オリジナルです。

 
メニューへ戻る