ITパスポート(あいパス)試験情報 > マネジメント系−開発技術−ソフトウェア開発管理技術
 

マネジメント系−開発技術−ソフトウェア開発管理技術

Index

出題の考え方(出題範囲より)

  1. 出題の考え方(出題範囲より)

開発プロセス・手法

  1. 問1(サンプル問題)

出題の考え方(出題範囲より)

 代表的な開発手法に関する意義や目的について問う。

開発プロセス・手法

 
問1(シラバスサンプル問題28)
 要件定義,システム設計,プログラミング,テストをこの順番で実施し,次工程からの手戻りが発生しないように,各工程が終了する際に綿密にチェックを行うという進め方をとるソフトウェア開発モデルはどれか。
 
 RAD(Rapid Application Development)
 ウォータフォールモデル
 スパイラルモデル
 プロトタイピングモデル
 
要件定義,システム設計,プログラミング,テストの順番で,ソフトウェア全体の設計や開発を順に進める手法は,ウォータフォールモデルです。
 

出典
 「出題の考え方(出題範囲より)」とは,「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に記載されている文章です。
 手引きサンプル問題とは,「ITパスポート試験の手引き」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に収録されているサンプル問題です。解説は,オリジナルです。
 シラバスサンプル問題とは,「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に収録されているサンプル問題です。解説は,オリジナルです。

 
メニューへ戻る