ITパスポート(あいパス)試験情報 > ストラテジ系−企業と法務−法務
 

ストラテジ系−企業と法務−法務

Index

出題の考え方(出題範囲より)

  1. 出題の考え方(出題範囲より)

知的財産権

  1. 問1(サンプル問題)
  2. 問2(サンプル問題)

セキュリティ関連法規

  1. 問3(サンプル問題)

労働関連・取引関連法規

  1. 問4(サンプル問題)

その他の法律・ガイドライン・技術者倫理

  1. 問5(サンプル問題)

標準化関連

  1. 問6(サンプル問題)

出題の考え方(出題範囲より)

 知的財産権(著作権,産業財産権など),個人情報保護法,労働基準法,労働者派遣法など,身近な職場の法律を問う。
 ライセンス形態,ライセンス管理など,ソフトウェアライセンスの考え方,特徴を問う。
 コンプライアンス,コーポレートガバナンスなど,企業の規範に関する考え方を問う。

知的財産権

 
問1(シラバスサンプル問題4)
 市販の風景写真集に対して著作者の許可を得ることなく行った行為のうち,著作権法に照らして違法となるものはどれか。
 
 気に入った写真と同じ対象の写真を撮る。
 掲載されている写真を切り抜き自室の壁にはる。
 掲載されている写真を自分のWebページに掲載,公開する。
 自分のブログで写真集の感想を記述する。
 
市販の風景写真集の写真などの著作物を,個人で楽しむ範囲内で複製することは,著作権法で認められています。しかし,Webページに掲載して本人以外に公開することは,違法となります。
 
 
問2(手引きサンプル問題2)
 Webページを作成する際,著作権者に確認せずに行った著作物利用のうち,適法なものはどれか。
 
 カーテン生地のカタログに掲載された図柄が,著名デザイナ制作のもので,背景に最適だったので,スキャナで取り込んで,色を変更して活用した。
 車の販売台数を説明するために,通商白書の統計データを使って図表化し,Webページに活用した。
 最新情報を提供するために,新聞の写真をスキャナで取り込んで活用した。
 雑誌のイラストを加工して,Webページ上の自社広告に活用した。
 
著作権法では,国または地方公共団体が作成した著作物は権利の目的とはならない(著作権法による保護の対象外)としています。したがって,通商白書から引用しても問題ありません。
 

セキュリティ関連法規

 
問3(シラバスサンプル問題5)
 不正アクセス禁止法において,不正アクセスと呼ばれている行為はどれか。
 
 共有サーバにアクセスし,ソフトウェアパッケージを無断で違法コピーする。
 他人のパスワードを使って,インターネット経由でコンピュータにアクセスする。
 他人を中傷する文章をインターネット上に掲載し,アクセスを可能にする。
 わいせつな画像を掲載しているホームページにアクセスする。
 
不正アクセス禁止法(不正アクセス行為の禁止等に関する法律)の第三条で,不正アクセス行為の禁止と,不正アクセス行為に該当する行為が規定されています。その該当する行為の一で,他人の識別符号(パスワードなど)を入力して,アクセス制限されているコンピュータにネットワークを経由してログインすることが規定されています。
 

労働関連・取引関連法規

 
問4(シラバスサンプル問題6)
 労働基準法を説明したものはどれか。
 
 生活の安定,労働力の質的向上のために最低の賃金を保障した法律
 短時間労働者の福祉の増進を目的に定められた法律
 必要な技術をもった労働者を企業に派遣する事業に関しての法律
 労働時間,休憩,休暇など労働条件の最低ラインを定めた法律
 
アは最低賃金法,イは短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(通称パート法),ウは労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(通称労働者派遣事業法)の説明です。
 

その他の法律・ガイドライン・技術者倫理

 
問5(シラバスサンプル問題7)
 個人情報取扱事業者であるX社は,自社製品の販売促進のための個人顧客向けセミナを開催し,最後に参加者に対してアンケートを実施した。アンケート用紙には,個人情報の利用目的は今後の自社製品に関する案内であることを明示し,顧客の氏名,住所,電話番号,案内希望の要・不要を表記した。
 個人情報保護法に照らして,違法となるX社の行為はどれか。
 
 回収したアンケート用紙から顧客リストを作成し,製品に関連する案内を希望している顧客に対してダイレクトメールを発送した。
 回収したアンケート用紙とセミナ実施後に作成した顧客リストは,必要時以外は鍵付きロッカーに保管する措置をとった。
 関連会社であるY社の製品の販売促進のために,X社の独自判断で,回収したアンケート用紙から作成した顧客リストをY社に手渡しした。
 製品に関する案内を希望している顧客から住所変更の連絡があったので,本人であること,案内の継続希望を確認した上で,顧客リストを訂正した。
 
ウは,同法の第二十三条(第三者提供の制限)に反しています。
 

標準化関連

 
問6(シラバスサンプル問題8)
 図のQRコードの特徴はどれか。
 
標準化関連 シラバスサンプル問題
 
 画像を圧縮して記号化したものであり,情報伝達に用いられる。
 情報量が10バイトほどしかなく,商品コードの暗号化に用いられる。
 二次元バーコードの一種で,英数字,漢字などの多くの情報を記録できる。
 ICタグでの利用を目的に開発されたコードで,非接触型の商品管理に用いることができる。
 
QRコードは二次元バーコードの一種で,一次元のバーコードに比べて記録できる情報量が格段に多く,英数字,漢字などの多くの情報を記録できます。また,3個の検出用シンボルでどの方向からも読み取りが可能です。
 

出典
 「出題の考え方(出題範囲より)」とは,「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に記載されている文章です。
 手引きサンプル問題とは,「ITパスポート試験の手引き」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に収録されているサンプル問題です。解説は,オリジナルです。
 シラバスサンプル問題とは,「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に収録されているサンプル問題です。解説は,オリジナルです。

 
メニューへ戻る