ITパスポート(あいパス)試験情報 > ストラテジ系−経営戦略−経営戦略マネジメント
 

ストラテジ系−経営戦略−経営戦略マネジメント

Index

出題の考え方(出題範囲より)

  1. 出題の考え方(出題範囲より)

経営戦略手法

  1. 問1(シラバスサンプル問題)
  2. 問2(手引きサンプル問題)

マーケティング

  1. 問3(シラバスサンプル問題)

ビジネス戦略と目標・評価

  1. 問4(シラバスサンプル問題)

経営管理システム

  1. 問5(シラバスサンプル問題)

出題の考え方(出題範囲より)

 SWOT*3分析,プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)*4,顧客満足度,CRM*5,SCM*6などの基礎的な用語の理解を問う。
 *3SWOT:強み(Strengths),弱み(Weaknesses),機会(Opportunities),脅威(Threats)を評価する。
 *4PPM:Product Portfolio Management 企業の各事業への経営資源の有効配分のための指針を提供するモデル。
 *5*CRM:Customer Relationship Managelnent(顧客関係管理) 企業と顧客との間に,継続的な信頼関係(relationship)を構築し,その価値と効果を最大化するための経営手法。
 *6SCM:Supply Chain Management 原材料や部品の生産から消費に至る商品供給の流れの全体最適を目指す戦略的な手法。
 データ収集やデータ分析など,情報活用に関する考え方を問う。
 表計算ソフト,データベースソフトなどのオフィスツール(ソフトウェアパッケージの利用に関する理解を問う。

経営戦略手法

 
問1(シラバスサンプル問題9)
 SWOT分析は,企業の戦略立案の際に,機会と脅威,強みと弱みを検討する分析手法である。強みと弱みの評価の対象となるものはどれか。
 
ア 競合する企業の数 イ 自社の商品価格
ウ ターゲットとしている市場の伸び エ 日本経済の動向
 
強味と弱みは,他社に比べて勝っている要素と劣っている要素です。それは商品価格になります。
 
 
問2(手引きサンプル問題3)
 ある会社は四つの製品を販売している。その年のそれぞれの売上高,市場占有率,市場成長率を調べた結果,表のようになった。これに当てはまるプロダクトポートフォリオマトリックスはどれか。ここで,円の大きさ(面積)は売上高を表す。
 
製品 A B C D
売上高(億円) 8 12 4 16
市場占有率(%) 10 4 3 8
市場成長率(%) 15 8 20 4
 

 
初級シスアド 平成16年度春期 午前問61の類題です。丸の大きさの相関関係と,位置関係を見ると,アが当てはまります。
 

マーケティング

 
問3(シラバスサンプル問題10)
 ワントゥワンマーケティングを説明したものはどれか。
 
 市場シェアから企業の地位を想定し,その地位に合った活動を行う。
 市場という集団を対象とするのではなく,個々の顧客ニーズに個別に対応する。
 セグメントのニーズに合った製品やマーケティングミックスを展開する。
 単一製品を,すべての顧客を対象に大量生産・大量流通させる。
 
ワントゥワンマーケティングは,顧客に対し個別に対応するマーケティング手法です。

ビジネス戦略と目標・評価

 
問4(シラバスサンプル問題11)
 バランススコアカードの視点は,財務,顧客,業務プロセスと,もう一つはどれか。
 
ア 学習と成長 イ コミュニケーション
ウ 製品 エ 強み
 
バランススコアカードでは,4つの視点(財務,顧客,業務プロセス,学習と成長)を基準に,企業戦略を実現するための鍵となる重要成功要因(CSF)を定義します。
 

経営管理システム

 
問5(シラバスサンプル問題12)
 SCMを説明したものはどれか。
 
 顧客に関係する部門が情報共有しながら,顧客とのやり取りを一貫して管理することで,顧客との関係を強化し,企業収益の向上に結びつけていく手法である。
 個々の社員がビジネス活動から得た客観的な知識や経験・ノウハウなどを,ネットワークによって企業全体の知識として共有化する手法である。
 販売,生産,会計,人事などの業務で発生するデータを統合データベースで一元管理し,各業務部門の状況をリアルタイムに把握するための手法である。
 部品の調達から製造,流通,販売に至る一連のプロセスに参加する部門と企業間で情報を共有・管理することで,業務プロセスの全体最適化を目指す手法である。
 
SCM(Supply Chain Management)は,部品や資材の調達から製品の生産,流通,販売までの,企業間を含めたモノの流れを適切に計画・管理し,最適化してリードタイムの短縮,在庫コストや流通コストの削減などを実現しようとする考え方です。
 

出典
 「出題の考え方(出題範囲より)」とは,「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に記載されている文章です。
 手引きサンプル問題とは,「ITパスポート試験の手引き」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に収録されているサンプル問題です。解説は,オリジナルです。
 シラバスサンプル問題とは,「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に収録されているサンプル問題です。解説は,オリジナルです。

 
メニューへ戻る