ITパスポート(あいパス)試験情報 > ストラテジ系−企業と法務−企業活動
 

ストラテジ系−企業と法務−企業活動

Index

出題の考え方(出題範囲より)

  1. 出題の考え方(出題範囲より)

経営,組織論

  1. 問1(シラバスサンプル問題)

IE,OR

  1. 問2(シラバスサンプル問題)
  2. 問3(手引きサンプル問題)

会計,財務

  1. 問4(シラバスサンプル問題)

出題の考え方(出題範囲より)

 財務諸表,損益分岐点など企業活動や経営管理に関する項目について基礎的な理解を問う。
 身近な業務を分析し,課題を解決する手法や,PDCA*1の考え方,作業計画,パレート図*2などの手法を問う。
*1PDCA:マネジメントサイクルの一つで,計画(plan),実行(do),評価(check),改善(act)のプロセスを順に実施する。
*2パレート図:品質不良,事故などの原因や現象を分類し,件数をグラフで示した図。
 業務フローなど業務を把握する際のビジュアル表現について問う。

経営,組織論

 
問1(シラバスサンプル問題1)
 システム開発などを行うために,必要な技術や経験の保有者を各部署から選抜して適宜構成する組織はどれか。
 
ア 事業部制組織 イ 職能別組織
ウ プロジェクト組織 エ マトリックス組織
 
プロジェクト組織とは,必要な技術や経験の保有者を各部署から選抜して適宜構成した組織です。システム開発の完了など,目的を達成したら解散します。
 

OR,IE

注:OR(Operations Reserch),IE(Information Engineering)
 
問2(シラバスサンプル問題2)
 あるプロジェクト計画の作業リストを示す。これをアローダイアグラムで表したものはどれか。
 
作業 先行作業
A なし
B なし
C A
D A,B
 
サンプル問題
 
CはAの後に続く作業なので,A→Cです。DはAとBの後に続く作業なので,A→DとB→Dの関係が成り立ちますが,CがあるのでAとBの間にダミーを入れます。AとBはそれぞれ先行作業はないため,最初にAとBを分かれて行い,Aの後でCを行い,AからBにダミーを入れてDを行う図になります。
 
問3(手引きサンプル問題)
 図は,電子部品の不良品について,不良項目を個数の多い順に並べた棒グラフと,それらの累積比率を折れ線グラフで表したものである。この図の名称は何か。
 
手引きサンプル問題
 
ア 特性要因図   イ パレート図   ウ ベン図   エ マトリックス図
 
パレート図は,項目を値の大きい順に並べたヒストグラムと,その累積比率の折れ線を重ね合わせた図です。
 

会計,財務

 
問4(シラバスサンプル問題3)
 損益計算書中のaに入るものはどれか。ここで,網掛けの部分は表示していない。
 
サンプル問題 問3
 
ア 売上総利益
イ 営業利益
ウ 経常利益
エ 当期純利益
 
網掛け部分は上から順に,売上総利益,営業利益,当期純利益が入ります。
 

出典
 「出題の考え方(出題範囲より)」とは,「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に記載されている文章です。
 手引きサンプル問題とは,「ITパスポート試験の手引き」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に収録されているサンプル問題です。解説は,オリジナルです。
 シラバスサンプル問題とは,「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に収録されているサンプル問題です。解説は,オリジナルです。

 
メニューへ戻る