ITパスポート(あいパス)試験情報 > テクノロジ系−基礎理論−基礎理論
 

テクノロジ系−基礎理論−基礎理論

Index

出題の考え方(出題範囲より)

  1. 出題の考え方(出題範囲より)

離散数学

  1. 問1(シラバスサンプル問題)
  2. 問2(手引きサンプル問題)

応用数学

  1. 問3(シラバスサンプル問題)

情報に関する理論

  1. 問4(シラバスサンプル問題)

出題の考え方(出題範囲より)

 2進数の特徴や演算,基数に関する考え方を問う。
 ベン図など,集合の理解,確率や統計に関する意味の理解を問う。
 ビット,バイトなど,情報量の考え方を問う。

離散数学

 
問1(シラバスサンプル問題37)
 2進数1111と2進数101を加算した結果の2進数はどれか。
 
ア 1111   イ 1212   ウ 10000   エ 10100
 
2進数1111は,10進数に基数変換すると15です。同様に2進数101を10進数に基数変換すると5です。加算すると10進数では20であり,これを2進数に基数変換すると10100です。
 
問2(手引きサンプル問題12)
 A,B,Cの3領域のうち,“AかつBであり,Cではない”範囲を塗りつぶしたベン図はどれか。
 
手引きサンプル問題12
 
ベン図で,AとBが重なった部分から,Cを除いた残りの範囲になります。
 

応用数学

 
問3(シラバスサンプル問題38)
 問1と問2の2問からなるテストを行ったところ,受験者100名のうち正答できたのは,問1が65名,問2が73名であった。2問とも正答できた受験者は少なくとも何名か。
 
ア 35   イ 38   ウ 62   エ 65
 
問1が65名,問2が73名ですから,両者の合計は65+73=138名です。受験者は100名ですので,それを超えた38名が,少なくとも2問とも正答できています。
 

情報に関する理論

 
問4(シラバスサンプル問題39)
 0mmから1,000mmまでの長さを1mm単位で表すには,少なくとも何ビット必要か。
 
ア 4   イ 10   ウ 1000   エ 1001
 
1ビットあれば,0と1で2種類の長さを表すことができます。同様に2ビットだと,00,01,10,11で4種類の長さを表すことができます。10ビットあれば1,024種類の長さを表すことができるので,0〜1,000mmの1001種類の長さをカバーします。
 

出典
 「出題の考え方(出題範囲より)」とは,「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に記載されている文章です。
 手引きサンプル問題とは,「ITパスポート試験の手引き」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に収録されているサンプル問題です。解説は,オリジナルです。
 シラバスサンプル問題とは,「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」(独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター発行)に収録されているサンプル問題です。解説は,オリジナルです。

 
メニューへ戻る