HOMEストレートチップ研究室 >【番外編】ペルフェット(サイドゴアブーツ)
 

【番外編】ペルフェット(サイドゴアブーツ)


購入の経緯

冬場に履くブーツを,Perfetto(以下,ペルフェット)のパターンオーダーで作ることにした。オーダー時に,キャップトゥにできるかと店の人に聞いたが,無理だったので番外編として取り上げる。
 

 

サイドゴアブーツ

冬場は私も,ブーツを履くことが多い。これまで履いてきたのは,バーバリーのチャッカーブーツで,既製品だがサイズがぴったりで愛用してきた。それはまだ履けるが,もう一足揃えたいと思った。
 
ブーツで,私の足のサイズの合うものはなかなかないため,ペルフェットのパターンオーダーで作ることにした。バーバリーのは黒なので,今度のは焦げ茶にして,チャッカーブーツではなく,伸縮性のあるゴムを側面に入れたサイドゴアがいいとの結論に達した。ソールだが,冬場なのでゴム底とし,以前パターンオーダーで作ったことのある,テーラーカツラでオーダーすることにした。
 

 

アノネイ社の革

革だが,テーラーカツラで以前作ったのは,デュプイ社の革であった。今度は,店の人の勧めもあり,アノネイ社の革にすることにした。アノネイ社は,デュプイ社と並ぶタンナー(革のなめし会社)である。焦げ茶と赤ワイン色で迷ったが,当初からの希望である焦げ茶にした。
 
できあがったものを見てみたが,確かにデュプイ社の革と同様に肌理が細かく,色合いも深みがある。また手入れすると,乳化性クリームが浸みだしているのかと思うような,しっとりとした艶が出る。
 

 

ビブラムソール

オーダー時に,ソールはゴム底と指定した。冬場であることと,カジュアルでも履くためである。店の人の注文書への記入も,ゴム底となっていた。出来上がったものを見たら,ビブラム社のソールであった。ビブラムソールは,ゴム底の中でもとりわけ滑りにくく,またすり減りにくい。製造したペルフェット(ビナセーコー社)の判断であるが,これでよかったと感じている。
 
インソールは,オーダーならではの色合いにしたいことを伝えると,店の人が緑色を勧めてきたので,緑色にした。
 
注文から納品までの期間だが,以前オーダーしたときと同じく一か月半だった。以前と同じく,インソールには「Tailor Katsura with Perfetto」と,提携店の名前も入っている。
 

 

デザインと履き心地

デザインはペルフェットならではのシャープ感のあるもので,そこはかとなくイタリア物のような色気が漂う。履き心地だが,思いの外にサイドゴアのゴムがしっかりと締め付けてくる。そのため脱ぎ履きは,スポッとはいかないが,まあまあの手間で済んでいる。
 
歩いたときの印象として,ビブラムソールはゴムとしては堅めだが,それでも路面から伝わるショックの角は丸い。他は,ブーツとしての一般的な感触である。
 

 

ブートブラックのブラウン

手入れ用に,ブートブラックのシュークリームを購入した。色だが,茶色だけでもブラウンのほかに,少し明るいミディアムブラウン,ダークブラウン,ディープブラウン,などがある。塗り込んで色を変えていくことも考慮してさんざん悩んだが,革の色に最も近いブラウンにした。
 
靴好きの人だと,シュークリームやワックスの色を選び,先頭のトゥの部分を濃くしてグラデーションを付けるように塗り込む人もいる。私は全体が同じ色が好きなのでそうはしないが,革の色合いを塗り替えていくかを,このブーツの手入れのときに考えていくことになるだろう。
 

 

 
メニューに戻る