HOMEストレートチップ研究室 >REGAL・リーガル 25ARBE
 

REGAL・リーガル25ARBE


購入の経緯

このモデルは,トゥ(つま先)とヒール(踵)部分の革に軟質樹脂を配合した塗装をしているのが特徴である。
 
この塗装を施した革を「スクラッチタフレザー」といい,スクラッチタフレザーは株式会社山陽の登録商標であるとの表示がある。
 
スクラッチタフレザーの効果は,日常での引っかきキズ程度なら,時間とともに元の状態に近い程度に復元するとしている。想像が入るが,軟質樹脂の層を突き抜けた傷は元に戻らないだろう。
 
このスクラッチタフレザーを取り入れ,ロングノーズで高めのヒールという,イタリアンなデザインを採用しているので今回はこれを購入してみた。
 

 

25ARBEの仕様と特徴

25ARBEの仕様を一通り説明すると,
・ストレートチップで,チゼルトゥ
・製法はグッドイヤーウエルト式
・底は合成底であり,ヒールは合成ゴム製
・サイズ(前後の長さ)とウィズ(足囲の長さ)は,EE(ただし,どちらもリーガルの製品の中で大きめ)
である。
 
これと同じデザインのモデルとして,315RBDがある。サイズもワイズもリーガルの革靴の中で大きめなのも共通だが,こちらは内張り(ライニング)が紫色になっている。
 
315RBDはベストセラーモデルだが,それと同じイタリアンなデザインのストレートチップで,違うバリエーションのものを買う場合の選択肢となる。
 

 

エナメルシューズのような艶

この靴が他の表革の革靴と違うところは,革にエナメルシューズのような艶があることである。
 
想像だが,トゥと踵に軟質樹脂塗装を施せば,他の部分の革と質感が異なってくる。その違和感をなくすために,全体にエナメルシューズのような艶を持たせたのではないかと思う。そのため,夜の礼服にも合うと感じる。
 
もっとも艶の違いなど,ビジネスの場では気にならない。私の場合,スーツを着たビジネスマンが,グッドイヤーウエルト式やマッケイ式の革靴を履いているか,また磨いてあるかは気になるが,そこまでであり,艶の色合いまでは気にならない。
 
履き心地も315RBDと同じで,合成底と合成ゴムの踵は,クッションがよく効いている。
 

 

結論

この靴をよく見れば,出し縫いの縫い目の間隔や細部の仕上げで,中級品であることがわかる。
 
しかし値段を考慮すればコストパフォーマンスは高いといえるし,なんといっても格好良さがある。
 
トゥや踵に擦り傷をよくつける人は,特にこの靴が適しているといえる。
 

 
メニューに戻る