HOMETUMIコレクション メニュー >ジェネレーション4の特徴
 

ジェネレーション4の特徴

 
TUMIの製品は,第4世代のラインナップに切り替わっています。その第4世代の製品の特徴と,私が感じたことを書いていきます。
 

グレイ・トーン・オン・トーンストライプドライニング

TTUMIのロゴを織り込んだグレーのストライプ柄の裏地である。ブランド物は,裏地でも独特のものを使っているのが特徴で,それを採用したといえる。以前は黒無地の裏地だった。
 

 

ガンメタリックカラーの金属パーツ

金属パーツとは,ファスナーの金具やTUMIのロゴプレートである。旧世代では,黒無地であった。TUMIのイメージカラーにそったもので,黒のバリスティックナイロンに色合いでも質感でも合うものは,ガンメタリックになる。遠目に黒無地っぽいかばんに見え,近くで見るとガンメタリックのワンポイントが効いているという,デザイン上の取り合わせである。
 

 

レザートリムのハンドルとストラップ

取っ手に革を縫いつけ,握ったときの感触を向上させるものである。また,高級感の演出としても効いている。
 

 

撥水素材とベンチレーションホール

ペットボトルが入るポケットでは,水をはじく撥水(はっすい)素材を採用している。U字型の開口部のポケットや,バックパックの側面ポケットがそうなっている。
 

 
またポケット横に,換気のための穴が空いている。これは下側についているので,下にたまった水滴の排出を狙っている。
 

 

 

その他

ジェネレーション4のブリーフケースでは,新聞などを差し込めるスリットができた。これが,ショルダーベルトを入れるところとして便利である。旧世代のブリーフケースでは,ショルダーベルトを納めるところがなかったので,かばんを持つときにいちいちショルダーベルトを取っ手で挟む必要があった。私にとってこの改良が,最も便利さを感じる。
 

 
 
 
メニューに戻る